Feature投資法人の基本戦略

本投資法人の基本理念

本投資法人は、物流不動産及びインダストリアル不動産へ投資する投資法人です。
本投資法人は、住友商事グループ(注1)が有する不動産事業における知見及び開発力、並びに私募リート及び私募ファンド等(注2)の運用を通じて蓄積したノウハウの活用により、投資主価値の最大化を追求します。また、本投資法人は、住友商事が開発したSOSiLA(ソシラ)シリーズに重点的に投資することにより、その事業コンセプトである社会とのつながり(=Sociability)・環境への配慮や持続的成長(=Sustainability)・人と労働環境への配慮(=Individuality)の3つのコンセプトを重視した事業精神を受け継ぎ、豊かな社会の実現に貢献するとともに、投資法人という透明性の高いスキームで、幅広い投資家にESG投資の機会を提供し続けていきたいと考えています。

  • 「住友商事グループ」とは、住友商事並びにその子会社及び関連会社からなる企業集団をいいます。また、「スポンサーグループ」ということがあります。
  • 「私募ファンド等」とは、本資産運用会社が投資一任業務又は投資助言業務を受託した私募ファンド及び事業会社をいいます。

本投資法人の成長戦略

本投資法人は、スポンサーである住友商事と本資産運用会社との間で締結されたスポンサーサポート契約及び本投資法人と住友商事との間で締結されたロジスティクスマネジメント契約に基づくサポートを含む、住友商事グループが有するグローバルに広がる強固なビジネス基盤と多様なリソースを活用したサポートを受けることにより成長を目指します。また、住友商事が「開発」機能を、本資産運用会社が私募リート及び私募ファンド等の運用において蓄積した豊富な実績とノウハウを活用した「運用」機能を、本投資法人が「保有」機能を担うことにより、住友商事の物流不動産事業の成長とともに本投資法人が持続的な成長を果たすことで、本投資法人の投資主価値を最大化することを目指します。

本投資法人の成長戦略
  • 2019年3月31日時点
  • 住友商事において過去に取引実績のある相手先の数を記載しており、2019年12月10日現在、取引を行っていない相手先を含みます。
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 投資法人の基本戦略

to Page Top